クレオのパーツボックス洗浄機の特長

パーツメーカー様の環境を考慮した多彩な機能で、洗浄乾燥作業をサポートします。

完全循環方式の採用。

この方式は、洗浄水の入れ替え周期が劇的に長くなるため、廃水処理設備をお持ちでないお客様には特におすすめです。

洗浄で汚れた洗浄水を、一次ろ過装置(セパレータ)で切り粉や鉄粉等を除去後、油水分離処理を実施。清浄化された水をすすぎ水として使い、すすいだ後の水は洗浄タンクに戻り洗浄水として利用します。

 完全循環方式

ボイラー設備をお持ちの場合
間接蒸気による加温。

タンク内に直接蒸気を投入する一般的な加熱方式では、蒸気が液化して排水の一部になるという問題がありました。そこで、蒸気加熱を間接式にしてボイラー側で蒸気のドレン回収を行うことで、蒸気の液化防止、ボイラー効率の向上を同時に可能にします。 間接蒸気加温 間接蒸気加温

ボイラー設備をお持ちでない場合
電気ヒーター方式による加温。

完全循環方式の採用により必要熱量が抑えられるため、ボイラーの代わりに電気ヒーターを使用することも可能。ボイラー設備をお持ちでないお客様にも安心してご利用いただけます。 電気ヒーター加温 電気ヒーター加温
クレオは衛生問題に総合力で取り組みます!
圧倒的な実績のハード
洗浄機 洗浄剤
洗浄を極める方法論ソフト 最適な洗浄維持へのサポート体制メンテナンス
▲Top