泡洗浄

泡洗浄とは?

発泡性洗浄液を希釈し、エアーを混入して発泡させ、吐出することにより、被洗浄物及び汚れとの付着性を向上させ、洗浄成分と汚れを充分に接触させることにより、化学的エネルギーを活かすことができる洗浄方法です。

フードの洗浄

フードの洗浄

排水溝(グレーチング)の洗浄

排水溝(グレーチング)の洗浄

だから・・・

  • 形状の複雑なところや、垂直面にも付着保持するので、全体の洗浄が可能
  • 洗浄液を視認しやすいので、効率よく洗浄ができる
  • 洗浄成分の効能を発揮しやすい

ただし、

  • 液量と汚れの量は比例関係にあり、汚れが大量にある場合、
     一度に洗浄しきれない場合がある。
  • 泡の状態が洗浄効果に影響する。
     軽すぎる泡→汚れに浸透していかない=融解しない。
     重すぎる泡→水分が多すぎ、すぐ流れてしまう=付着保持されない
  • 薬剤の性能に左右されやすい(コスト、時間(特にすすぎ時間))
洗浄工程(1)

洗浄工程(1)

洗浄工程(2)

洗浄工程(2)

洗浄工程(3)

洗浄工程(3)

洗浄工程(4)

洗浄工程(4)

装置と洗浄剤の選定、T・A・C・Tのバランスが重要です。
クレオでは、洗うもの、汚れ、洗う量、
そして現場の状況を確認させていただきながら、最適な洗浄方法を御提案いたします。
ぜひ、お問合せください。

泡洗浄剤

用途・目的にあわせて選択することで
最大限の効果を発揮します。

 

フライヤーフード

洗浄前

洗浄前

→

洗浄後

洗浄後

洗浄前

洗浄前

→

洗浄後

洗浄後

コンベア

洗浄前

洗浄前

→

洗浄後

洗浄後

生肉解凍槽

洗浄前

洗浄前

→

洗浄後

洗浄後

ラック及びシンクに付着した生肉由来の乳白色の汚れも、アルカリ洗浄剤による泡洗浄で落とします。

クレオは衛生問題に総合力で取り組みます!
圧倒的な実績のハード
洗浄機 洗浄剤
洗浄を極める方法論ソフト 最適な洗浄維持へのサポート体制メンテナンス
▲Top